PR
プロフィール

マコ

Author:マコ
こんにちは、マコです。 164cm47kg。 炭水化物制限のゆるいロカボとマッサージで、64kgから47kgへのダイエットに成功。 美しく見えるダイエット方法を追求しています。 噂のダイエットを試しながらダイエットを楽しんでください!

最新コメント
48725633bf042653cbabd7c7a544c642_s.jpg


家に帰る前におやつを食べ、お腹がいっぱいになって帰ってきた人たち...

実際、おなかがすいている状態で家に帰ると、体脂肪はより燃えやすくなります。

特別な時間や有酸素運動をすることなく、体脂肪を減らすことができました。

今回は、おなかがすいて帰宅した場合に体脂肪が簡単に燃える理由について説明します。


空腹時に家に帰ると、なぜ体脂肪が燃えやすいのですか?



その前に...「ランニングやウォーキングなどの有酸素運動を20分以上しないと体脂肪は燃えません」そんなことを聞​​いたり見たりした人が多いと思います

そもそも、多くの酸素を摂取しても、体脂肪は燃焼します。

個人差はありますが、ウォーキング、ランニング、スイミング、ペットの散歩、および体力のない人は、階段を上下しても有酸素運動を行うことができます。

それで、なぜ体脂肪がとても簡単に燃え始めるのに20分後以降からと言われますか?

理由の1つは、食事の「時間」と消費される「糖質の量」に密接に関係しているようです。

食物(飲み物を含む)から取られた米やパンなどの炭水化物(糖質)は、消化プロセス中に「グルコース」になり、血液を流れ、体内の脳や筋肉に行きエネルギーとして消費されます。

ランニングなどの有酸素運動を開始してから20分が、この食事から摂取した炭水化物を燃焼させるのにかかる時間です。 (通常の時間に糖質を消費するのに必要な時間ではなく、運動中に糖質を燃やす時間です)

私は20分間歩くことができず、その時間を得ることができないと嘆く人々...私はそれを感じることができます!それは私にも当てはまります

しかし、安心してください。

20分でできる方法があります!

それは・・・

体内の糖質を減らして運動すればいいのです。

具体的には、体内の低糖質状態とは、「目を覚ますとき」、「空腹のとき」、「運動するとき」を意味します。

危険な低血糖状態にしなくても、生活している中に痩せやすいポイントが潜んでいます。

そのため、昼食後のおやつの後、数時間を過ごし、家に帰ったとき、会社から駅まで、駅から自宅まで歩いて時間を費やしていました。

有酸素運動には短いですが、身体にやさしい環境ですので、一石二鳥です。


体脂肪はどのように燃えますか?



なぜ空腹時などの低血糖状態で体脂肪が分解するのですか?人によってさまざまな意見がありますが、私は自分でまとめました。

お腹がすいた


脳のエネルギーが不足していると感じる


体脂肪を燃やすホルモンを分泌する準備ができて


ウォーキングなどの全身運動を開始する


ノルアドレナリンなどのホルモンが分泌されます


体脂肪の分解は、体脂肪を分解する脂肪分解酵素「リパーゼ」によって始まります


脂肪酸は血液中に放出されます


筋肉に運ぶ


筋肉の活動によって二酸化炭素と水に消費します



ここでのポイントは、脂肪酸が血液中に放出されて運動すると消費されますが、運動しないと消費されずに体脂肪に戻るということです...

そのため、この体脂肪燃焼が待機中に全身で運動する場合、最初の20分間を節約できます!

欠点は1つだけです。 。 。お腹が空いた状態に戻ると、デパ地下とコンビニエンスストアの誘惑はすごい。

しかし、この誘惑を克服すると、体脂肪が減少します!

興味のある方は、一週間続けてください。日ごとに軽くなります。

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。
2019/09/16 14:23 美ダイエット TB(-) CM(-)
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム